温泉SPA

白鷲の湯(畳風呂) TATAMI
畳風呂物語

小川屋は、林羅山が、「下呂温泉」は日本3名泉と評しました様に、温泉の泉質には、絶対の信頼と誇りを持ち、お客様を70年間お迎え続けて参りました。
そして、今、温泉を更により良い環境の中で、もっと・もっと「癒し・和み」いただけるためには、何をすべきかつねづね真剣に考えて参りました。
そして、日本民族が古来より、愛し営んできた「畳文化」を「温泉」と融合することにし、
小川屋独自の「畳風呂」大浴場が誕生いたしました。

天下三名泉と畳で和みの一時を

和のくつろぎの代表である「畳文化」の美しさ・優しさ・くつろぎ、安らぎ感は≪癒し・和み≫の「日本文化」の一つです。 また、≪湯治≫と≪癒しと和み≫を古来より日本人に愛され続けた温泉文化。この2つの文化を融合・調和し、「ゆったりくつろげる温泉で、ストレスを和らげ」【至福の時】を与えてくれます。

お子様からお年寄りまで幅広いお客様に好評

肌触りが柔らかで、心地よく・温かみがあって和むと評判で、寝転ぶと気持ちがよくなって眠ってしまう人もいるとか。また、足元が柔らかく滑りにくく、転んでも安心。お年寄りやお体の不自由な方、お子様にやさしい畳風呂として評判です。

特殊加工を施し清潔で安心な畳

畳は表面を化学加工し、裏に張った発砲スチロールから湯が抜ける特注品(透水畳)で通気性に優れており、湿気による違和感を感じることはありません。 毎日、特殊機器・専用洗剤による徹底した清掃を実施いたしておりますので、衛生面の問題はありません。

畳風呂
畳風呂
利用時間

【女性】 12:00 ~ 25:00(水曜・木曜は13:00~)  | 【男性】 翌朝 5:00 ~ 10:00
※日帰り入浴ご利用頂けます。
【日帰利用時間】 12:00~20:00、(水曜・木曜は13:00~20:00)
※ゴールデンウィーク、お盆、年末年始はお料金やご利用時間が変更になります。
あらかじめご了承くださいませ。

新大浴場 薬師の湯

2018年4月リニューアルオープンの新大浴場「薬師の湯」。
朝は格子の間から清々しい陽射しが、大浴場を照らし、夜には照明に囲まれ、
情緒豊かで幻想的な雰囲気を漂わせます。

汕
利用時間

【男性】12:00 ~ 25:00 (水曜・木曜は13:00~) | 【女性】翌朝 5:00~10:00
※日帰り入浴ご利用頂けます。【日帰利用時間】 12:00~20:00、(水曜・木曜は13:00~20:00)
※ゴールデンウィーク、お盆、年末年始はお料金やご利用時間が変更になります。
あらかじめご了承くださいませ。

河鹿の湯(露天風呂)OPEN AIR BATH
季節の心に染まる優雅な露天風呂

露天風呂から望む飛騨川の美しい眺めは、四季それぞれにいで湯情緒をもりあげてくれます。
飛騨川のせせらぎとカジカ(蛙)の鳴き声に耳を傾けながら、眺める下呂の夜景は郷愁と哀愁が一体化した不思議な世界へと誘います。

露天風呂
利用時間

【男性】 12:00 ~ 25:00 (水曜・木曜は13:00~) | 【女性】翌朝 5:00 ~ 10:00

白妙の湯(ホワイトイオンバス)WHITE BATH

日本三名泉の一つ「下呂温泉」

高濃度アルカリ性単純泉のお湯は、角質を取る働きがあることから“天然石けん”の別名も持つ「美肌の湯」として古くから知られています。 この名湯に「ホワイトイオンバス」を加えることで、真っ白な泡のお風呂“シルクバス”が誕生いたしました。 白いお湯に身をゆだね、ゆっくりゆったり五感で愉しむ。 仕事やプライベートで忙しいあなたの、心も体も癒してくれます。

日本三大名泉の下呂温泉

「ホワイトイオンバス」とは

肌触りが柔らかで、心地よく・温かみがあって和むと評判で、寝転ぶと気持ちがよくなって眠ってしまう人もいるとか。また、足元が柔らかく滑りにくく、転んでも安心。お年寄りやお体の不自由な方、お子様にやさしい畳風呂として評判です。

ホワイトイオンバス
   

下呂温泉エリア初となる、名湯×ホワイトイオンにリニューアルオープン。
飛騨川の眺めに癒され、日本古来の湯治文化に触れることはもちろん、
マイナスイオンの白い泡でラグジュアリーなひとときを過ごせるホワイトイオンバスを是非一度体験してください。

露天風呂
利用時間

【男性】 翌朝5:00 ~ 10:00  | 【女性】12:00 ~ 25:00(水曜・木曜は13:00~)

sen

益田川を表現した温泉スパで、穏やかな時を

景観上の問題から目の前を流れる益田川(飛騨川)の景色を取り込めなかったこの温泉スパでは、借景という概念ではなくこの場に自然を置き換えるという手法をとりました。

整然とした空間に隆起的で自由に配置された石の塊があることで、より自然に近い形で温泉という地球のエネルギーを体感できる場となっています。

浴場の一部は「天然温泉×炭酸泉」の企画湯となります。炭酸ガスが溶けたお湯は、血行促進や皮膚代謝の促進により美肌効果も期待でき、湯上り後もしっとりとした肌触りが続きます。

汕
利用時間

【男性】翌朝5:00 ~ 10:00  | 【女性】15:00 ~ 25:00
※都合により時間変更がある場合がございます。

汕
貸切風呂
趣の異なる7つのタイプをご用意
下呂温泉の名湯を源泉掛け流しで楽しめる

ゆらぎの貸切風呂は7つの異なるタイプをご用意しております。
下呂温泉の名湯を原泉掛け流しでお楽しみ頂けます。

MAP
下呂温泉の由来

天下の日本三名泉、
その源は室町時代の文献にあり。
下呂温泉の歴史を知って、お湯につかってみませんか。
古くより、多くの人に愛された温泉のルーツをたどります。

下呂温泉の歴史は、とても古く今から一千年の昔といわれております。 現在の温泉街から少し離れた山の頂上、湯ヶ峰の山頂が湯元でありました。
その後、この山が噴火し、今の飛騨川に湯口が移りました。
これは一羽の白鷺が傷口をいやす姿を村人に知らしめ、ここに湯のあることを教えてくれました。
この白鷺は実は薬師如来の化身であり、いまは温泉寺にお祭りしてあります。

江戸時代、徳川家康、秀忠、家光、家綱の四代の将軍に仕えた儒学者、林羅山(1583~1657年)詩文集第三に全国の温泉の中で、草津、有馬、下呂が天下の三名湯と記されていたことによって、【日本三名泉】と称されています。

お湯は泉温、84度という高い温度で湧いている正真正銘の天然温泉。 泉質は、アルカリ性単純泉。無色透明、ほのかな香りととてもまろやかなお湯。
お肌に優しくからんで、絹のようにスベスベにしてくれます。
その効用は医学的にも注目されていて、 温泉利用のリハビリ施設や温泉医学研究所も設けられているほどです。

下呂温泉の由来
下呂温泉の由来
下呂温泉の由来