小川屋の
想い
CONCEPT

100年続く旅館を目指して

当館「小川屋」は、日本三名泉に数えられる下呂温泉のもと、70年以上続く伝統のおもてなしと、飛騨川を臨む絶景のロケーション、日本一の朝ごはん、東海最大級の100帖空間の畳風呂で、お客様に長年愛されて参りました。
さらにお客様にお喜びいただけるよう、100年続く旅館を目指して歩んでまいります。

小川屋が創造する新たなおもてなしのカタチ

当館は『人に優しい宿』の想いのもと、名物“100帖空間の畳風呂”や下呂エリアでは初となる”ホワイトイオンバス“を採用。また新ブランド客室として、北欧と和を融合させたコンセプト客室を次々とオープン。

2016年には別館をオープンし、お客様のニーズに合わせて常に洗練された新しいくつろぎ空間を提供してまいりました。
古き良き日本文化を活かしつつ、新しき良きものとの融合をし、常に新しい小川屋を皆様にご提供して参ります。