飾り

小川屋のecoな取り組み

環境方針と環境目的

小川屋は日本三大名泉・下呂温泉にあって、緑豊かな山々に囲まれ飛騨川の清流に面し、
日本旅館として発展してきました。
小川屋はお客様の感動と喜びに共感し、地域社会に貢献できる旅館を目指しています。
小川屋は天与の温泉と自然に感謝し、環境を意識した旅館経営に積極的に取り組みます。

■環境方針

1.事業者として環境負荷の低減ならびに環境汚染の予防への取り組み
1.地球温暖化防止のため、省エネルギーに努め森林を大切にします。
2.省資源のため、ゼロエミッションの推進に努めます。
3.食品廃棄物の発生抑制および「地場池消」に努めます。
4.事故緊急事態を未然に防止するとともに、対応力を高めます。
2.温泉旅館として健康環境への取り組み
1.温泉資源を有効に活用し、お客様の健康増進に努めます。
2.料理・サービス・温泉のお客様満足度を高めるよう努めます。
3.お客様と環境意識を共有し、自然環境との調和を目指します。
3.環境マネジメントシステムの約束
環境マネジメントシステムの継続的改善をはかると共に環境目的・目標を設定します。
目的・目標は必要に応じ見直します。
4.関連法規制遵守の精神
法令、条例、協定および同意するその他の要求事項を遵守することはもとより、環境に影響を与える恐れのある事項に配慮します。
5.責任と自覚
この方針は役員を含む小川屋で働くすべての人に周知します。
私たちは日常生活においても環境に配慮した生活を実践します。
6.情報の公開
環境マネジメントシステムの継続的改善をはかると共に環境目的・目標を設定します。
目的・目標は必要に応じ見直します。

■環境目的

チャレンジ項目
1.健康環境への取り組み 【 料理・サービス・温泉のお客様満足度向上】
2.環境意識の共有 【 環境林の育成と企画商品の造成 】
3.環境保全に関するお客様とのコミュニケーションの確立
重点項目
1.省エネルギー【A重油使用量の削減】
2.温泉資源の有効活用 【 浴槽水の安全管理の維持と満足度向上】
3.入り込み人員の増加
4.危機管理体制の強化
監視項目
1.省エネルギー【電気使用量の削減】
2.省資源 【「廃棄可燃物」ならびに「紙類使用量」の減量化  -ゼロエミッションの取り組みを推進-】
3.食品廃棄物の抑制・減量・資源化
4.器類の破損状況の把握と抑制

平成13年9月7日(制定)
平成22年10月15日(改訂)
株式会社 小川屋
代表取締役社長 野村 勝