飾り

ブログ

<< 小川屋の人気者!? : main : がんどうち!? >>

竹原文学

当館の本館2階では、知る人ぞ知る「竹原文楽」の第一人者、
故・洞奥一郎人形師の文楽人形が通年展示されています。
およそ100体の人形を1人で動かす、という離れ業を演じて話題を呼ぶました。
その貴重な人形を一目見ようと、当館には宿泊客以外の見学者も後を絶ちません。
春の遅い飛騨地方のひと月遅れのひな祭りを見逃した向きには必見です。

竹原文学.JPG
- : comments (0) : trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

  

トラックバック

トラックバックurl :
最近の記事
カテゴリ
過去の記事
プロフィール
Other